Friday, March 24, 2017 02:04

学研の科学は理科の苦手意識をなくさせます

小学生の中で理科と言うものは苦手な教科になりやすいものです。そうならないためにも、小学生の低学年のうちから、理科の面白さが分かるような教育が必要とされています。しかし、学校の授業だけでは、理科を好きにすると言う事は難しい事です。そこで役立つ教材が学研の科学です。これを利用する事によって、自宅でも理科の楽しさを知る事が出来るのです。理科の楽しさを知るためには、まず日常生活と関連付ける必要があります。身のまわりにあるものを使ってみたり、身のまわりで起きる些細な現象を考えてみたりとして、それが理科に結びつくと言う事を覚える必要があるのです。そうすると、理科が身近に感じる事になり、特別に難しく考える必要もなくなるため、苦手意識がなくなるのです。このような、苦手意識を取り除いてあげる事が苦手な教科を作らないためにも大切な事になってくるのです。その点学研の科学は、このように身近なものを使って実験をしたり、些細な疑問も理科に関係あるんだと言う事を関連付けて解説をしてくれるので、とても役立つのです。理科を苦手な科目にさせたくないと言う人は、小さいうちから遊びながら学べる学研の科学を利用してみると良いでしょう。

学研の科学マガジンシリーズ

学研の科学マガジンは、小学生とその家族が理科と算数に強くなれる雑誌です。「どうしてあくびがでるの」とか、「宇宙はいつどうやってできたの」といった、身近にある不思議な疑問や宇宙に関することまで、あらゆる疑問に答えてくれます。新聞やテレビで見かける科学の話題や、世の中のニュースについても、くわしく説明しています。地球温暖化や絶滅した動物、酸性雨や砂漠化はどうして起こるのか、自然エネルギーからゴミのリサイクルまで、学研の編集部が丁寧に解説しています。100人の子供の質問を集めた特集もあり、今の子供がどのようなことに興味を持っているのかが分かります。小学生ぐらいで好奇心の強い子供は、「なぜ」、「何」、「どうして」を連発する年頃です。このような雑誌を与えておくと、親子で考えるきっかけづくりにもなり、両親もスムーズに答えることができるのではないでしょうか。また、キッチンには、科学の実験に使える材料がたくさん揃っています。キッチンにある材料で、マジックみたいに驚きながら、おやつが作れる実験ができます。小学生の自由研究にピッタリです。ほかにも学研には、親子で楽しむことのできるシリーズがたくさんあります。