Tuesday, June 27, 2017 19:05

学研のこれからが楽しみ

学研と聞いて、まず思い浮かべることは何でしょうか。学齢期のお子さんを持つ子育て世代のパパママにとっては、科学と学習という学年別の雑誌を思い浮かべた方が多いのではありませんか。そんな学研の代名詞ともいえる雑誌も、少子化の波にはあらがえなかったのでしょうか、学習は2009年に、科学は2010年に惜しまれながらも休刊になってしまいました。しかし、それで歩みを止めるような企業ではありません。今や、知育玩具やワークブック、通信教育や塾といった子ども向けの商品開発にとどまらず、多岐にわたって事業を展開しています。大人向けの科学雑誌は、男性から根強い人気を集めています。フィットネスや料理といった、女性をターゲットにした書籍の売れ行きも好調です。また、電子書籍やアプリなど、これからの時代に成長していくであろうデジタルコンテンツの分野にも力を入れています。その他にも、有名人とコラボしたアートスクールや、サービス付きの高齢者向け住宅・介護サービスといった意外性のある事業も手がけています。学研という会社が、今後どのような事業を進め、私たちの暮らしに潤いを与え楽しませてくれるか、関心を持って見つめていきたいものです。

学研と子供達の関係について

学研という言葉をどこかで聞いたことがある人は多いと思う。学という字が入っているように学びに関する書籍やビジネスを行っている企業である。小学生の頃からお世話になっている方も多いのではないだろうか。特に塾といえば学研という人もいるだろう。自分で考えるチカラを育てるというキャッチフレーズをもとに生徒に対して、質の良いサービスを提供しているようである。個人的に頑張ってもらいたいと思う。こういった教育という事に力を入れている企業は本当にもっともっと頑張ってもらいたい。日本の教育がゆとり教育を取り入れた辺りから、年々その質と子供の学力が下がってきていると聞く。日本の未来をしょって立つ子供達には小さい頃にちゃんと勉強をして、それを土台にして社会に羽ばたってゆく必要がある。そのため、こういった学研などの企業が塾などの形で、子供達の勉強機会を増やし、日本の子供達の学力を底上げしていって欲しいと私は切に思う。若木は国の柱なのだから。そして、この記事を見ることになった方で今現在お子様がいる方にも、是非お願いしたい。子供達に学ぶ機会を沢山提供してあげるという事を。子供のうちは自分から何かを求めることはない受身なのだから、親がちゃんと子供に対してゲームなどではなく学ぶ機会(塾など)を与えてあげる事で、子供は人として成長する事が出来る。そう。学ぶ機会を沢山与えて欲しい。そして、子供の将来を明るいものにしていって欲しい。日本の将来を支えるのは今の日本に住んでいる若い子供達にしか絶対出来ないことだから。